交通事故で弁護士を立てると有利なの?

Q、交通事故が起きた際にはすぐ弁護士に連絡する方が良いのでしょうか?弁護士を立てて有利だと聞きました。

僕は毎日車を使って通勤などをしていて、なおかつ休みの日には友人とドライブに出かけたり1人でドライブに出かけたりすることがあります。
車の運転がとても好きなのでドライブが趣味といっても過言ではありません。
幸いにもこれまで交通事故を起こしたことはありませんが、実際に交通事故を起こしてしまった時には弁護士を立てると非常に有利だという話を聞きました。

詳しく何が有利なのかを聞いてはいないのですが、例えば過失問題などを決めるときに弁護士さんがいてくれると有利なのでしょうか?
自分が加害者になってしまうことを考えると少しでも過失が少ない方が良いので弁護士さんにお願いしようと思っているのですが、その他にも何か弁護士さんを立てると良い理由があるのでしょうか?
これまで弁護士さんの仕事を深く知るようなこともなく、弁護士さんといえば法律の専門家という程度の認識しかありません。
交通事故を起こしたこともないためどのような場面で有利なのかについてとても気になっています。

A、非常に多くの場面で強力な助っ人となってくれます。

交通事故で弁護士さんに協力を要請する場面というのは様々です。
一つに限ったものではありません。
まず、質問内容にあるように過失問題で双方がトラブルとなってしまうケースでは、弁護士さんを間に立て事故証明書などを参考に考えることによってどちらか一方の主張が優先されてしまうようなことがありません。
また、交通事故が起きると、目撃者やその他ドライブレコーダーなどでの証拠がない限り、双方での言い分が食い違ってしまう事もたくさんありますが、ここで相手方が大きな声を出したりを出したりすることによって気の弱い方は本来自分の過失が少ないにもかかわらず過失割合に納得できないまま、その後の話し合いに進めてしまうこともあります。

しかし弁護士さんが間に入ることでこうした部分などは一切関係なく、あくまでも交通事故が起きた当時の状況から過失をしっかりと見極めてくれます。
その他様々な諸問題についても保険会社をはじめ、加害者側が保証をしてくれないといった場面で弁護士さんは本当に頼りになります。
なぜならば、弁護士さんに協力してもらうことで後遺障害につながる検査などを受けることが可能になるためです。
保険会社ははっきりとわかるような後遺障害がなければ、できるだけ後遺症認定を行わず示談を成立させようとしますので、事故に詳しい弁護士さんがいてくれるだけで後遺症に対する懸念も提示してくれたり、医療機関側についても必要な検査をするようにと話をしてくれます。

さらに、最終的には慰謝料などの問題になってくるのですが、こういった場面でも弁護士さん基準で計算する慰謝料が最も高くなっており、有利になるというよりも、損をしなくて済むといったイメージの方が表現的には合っているでしょうか?
保険会社などが相手になると自分の思っていることを十分伝えられずに納得できない状態のまま示談に応じてしまう人などもいるようですが、弁護士さんが間に入ってくれることでこうした心配が一切なくなります。
交通事故によるけがは細かな部分で後遺障害が残ってしまう懸念もあるため、自分ではこのような知識がなくても、交通事故に詳しい弁護士さんがいてくれるとこうした知識を教えてくれるといった部分でも非常に助かるでしょう。

また、自分自身が被害者になってしまい、加害者の保険に加入していなかったなどの場合の請求についても法律に基づいた請求方法となるため、言い逃れをされたり反対に恐喝されてしまい、十分な保証が受けられなかったと言う結果につながらず済みます。